大阪、谷町九丁目といえば、生国魂神社などがあって結構風流な街。

だけれども、ここはヘルスやホテヘルなどの風俗店が多いことでも有名だ。

僕は地理的にもこのあたりが気に入っていて、風俗に行くっていうと、この谷町か難波、そして日本橋っていうことに決めている。

大阪は、まだまだホテヘルの多い街で、たぶん店舗数だったらまだデリヘルより多いんじゃないかな?

これって結構まれなことだと思うよ。

デリヘルは、極端な話、電話一本あればどこでも営業出来るからね。

ホテヘルも確かに自分の店でプレイするわけじゃないから、ヘルスやソープランドよりも出店のハードルは低いんだけど、それでも受付はいるからね。

こういうところを見ると、なんとなく関西=大阪の商売人根性を感じてしまうんだけどね。

だいたいデリヘルっていうのは、女の子を知らない客のところに派遣するというシステムだから、リスクっていう意味では結構高い。

あ、このリスクは店の側からしてっていう意味だよね。

だからデリヘルで会員制にしているところが多いのはそういう意味だったりするんだろうね。

その点、ホテヘルは客ととりあえずはガチで面を突き合わせることが出来るので、リスクマネージメントは出来るからね。

というわけで谷町の梅田回春性感マッサージ倶楽部と他のホテヘル、2軒ほど行ってきました。